エンジニア女子の日常

エンジニア女子が本、映画レビュー、ダイエット、仕事、技術について書いているブログです。

エンジニアがすべきSEO対策とは?〜現場のプロから学ぶSEO技術バイブル〜

 業務でSEO対策の施策をやることになったので、

を読んでみることにしました。

WEBエンジニアとしてSEO技術で知らなかったことや、これ覚えておきたいってことをまとめながら、最後に本の感想を書きたいと思います。

 

現場のプロから学ぶSEO技術バイブルの内容

開発者側も知っていた方がいいSEOを中心にメモしてます。

SEOの基礎的な話から、具体的な話までとても盛り沢山の本です。

マイナス評価を回避するSEO

1URL1コンテンツ
  • URLはユニークにする。
  • 同じコンテンツでもindex.htmlや/の有無でURLバラバラはよくない。=>統一する。
  • ページネーションしてもパスは変わらないようにする。

サイト構造・リンク構造

サイト構造
  • WHATツリー
  • WHYツリー
  • HOWツリー

で考えると綺麗にまとまる

避けるべきリンク
JavaScriptによるリンク

GooglebotはHTMLのリンクと同じように読みにいきますが、HTMLとは別のプロセスなので、時間を要するケースがある。

検索関連の JavaScript の問題を解決する  |  Google 検索デベロッパー ガイド  |  Google Developers

プルダウンメニューのリンク

プルダウンもjavascriptで実装している場合は、時間を要するケースが存在する

検索フォームによるリンク

簡単なフォームであれば送信を実行して遷移先のページを確認できる。

だが、網羅的にはクロールする保証はない


How is Google finding pages which don't have any links to them?

 

 

Googlebotの制御 

meta robotsとX-Robots-Tagによる制御

developers.google.com

Googlebotのクロール促進

セマンティックなマークアップ 

  • <div>と<section>と<article>を使い分ける
構造化マークアップ

方法は以下です。

  • Mictodata
  • RDFa Lite
  • JSON-LD

それぞれのメリット

Mictodata

構造化データと実際のHTMLが一致しやすい。多くのWebサイトで使われている。

RDFa Lite

構造化データと実際のHTMLが一致しやすい。XHTMLでも使える

JSON-LD

ソースと分離できる

コンピュータが読み取り安い

不可視のデータは記述が少なくても済む

 

それぞれのデメリット

Mictodata

ソースが煩雑になる

RDFa Lite

ソースが煩雑になる。Googleの構造化マークアップ支援ツールでもサポートされていない

JSON-LD

 

可視データは同じ内容を2箇所に記述する必要がある。 

 

サイトの高速化

高速化すべき処理は

  1. レンダリング処理
  2. ネットワーク処理
  3. サーバ処理

です。

ネットワーク処理
  • Minify圧縮
  • gzip圧縮
  • 画像圧縮
  • SVG形式、WebP形式
  • HTTP/2
  • ファイルを1つにまとめる(bundle処理)
  • HTMLファイルをインライン化させる
  • 画像を遅延読み込みする
  • CDN
レンダリング処理
  • CSSファイルをブラウザに早期に読み込ませる
  • ファーストビューで利用しないCSSレンダリング前に読み込まない
  • CSSの解析スピードを上げる(具体的なセレクタを指定)
  • jsファイルをHTMLのbody最後に記述する
  • 非同期に読み込ませる(async属性、defer属性)
  • 画像ファイル指定(width,height)
  • Resource Hintsによるリソースの事前取得
  • ブラウザキャッシュ
  • サーバキャッシュ
  • PageSpeedModuleの導入
サーバ処理
  • サーバ処理の分離(画像サーバとWebサーバに分ける)
  • サーバ処理マシンの増強

 

AMP対応 

developers.google.com

実装の注意点
  • CSSはインライン記述、もしくはインクルードで展開する必要がある
  • 独自のJavaScriptを読む込むことができない
  • img要素に縦横のサイズを記述する必要がある

エンジニアがすべきSEO対策

エンジニアがすべきSEO対策