エンジニア女子の日常

エンジニア女子が本、映画レビュー、ダイエット、仕事、技術について書いているブログです。

仕事が早い&マルチタスクができる人の脳を理解したら、残業時間が減った話〜「人間とは何か」はすべて脳が教えてくれるを読んでみた〜

 

仕事ができる人ってどんな人だろう?

仕事ができる人って聞くとどんな人をイメージしますか?

それぞれの仕事できる人のイメージがあると思います。

そのイメージの中に

が思いついた人も多いのでしょうか?

 

私も、エンジニアとして業務をしていると

スケジュールが決まっているタスクがあり、早く仕事をしないといけない時、

メインのタスクがあるが、他部署から依頼や、緊急度が高いバグ修正の依頼が来た時、

など、仕事の的確で早くかつ、マルチタスクをおこなさないといけない場面が多々存在しますよね>

 

仕事を早くしないといけない時やマルチタスクの時に、どのようにすれば、スムーズに仕事ができるのか、、、、。

そのヒントが、たまたま読んだ

にあったので、共有したいと思います。

脳科学から見た仕事をバリバリこなす人の脳とは?

人間誰しも、めんどくさいことなどを先のばしにする脳が備わっています。

だからこそ、課題に対して理論的にアプローチするには、自制心が必要です。

また、繰り返しが多い課題には、我慢が必要になります。

 

システム運用をしていると、定期的に繰り返すタスクが存在しますよね。退屈だとしても、割り切って我慢、我慢。

でも、繰り返すタスクほど、他のタスクと並列になるケースが多いですよね。

運用対応していたら、別のタスクがくることも、、、。

 

先のばし脳に対して、仕事できる人はどうしているのか?

大きな課題を先延ばしにする前に、それを小さい目標に分解するということをしています。

小さい目標に分け、目標達成にご褒美を設ける。

そうすることで、目標達成に向けて、ドーパミンを出すことができ、やる気を維持できます。

マルチタスクをするコツは?

そもそも、脳は2つのことを同時に実行できません。1つ1つの処理が細分化されて、脳は処理しています。

だから、1つ1つのタスクを集中してことが大切です。

 

まとめると、タスクを細分化し、細分化したタスクに集中することが大事です。

 

実際に、脳科学で学んだコツを生かして業務をした結果

コツを意識する前

残業時間は月約5時間程度

 

コツを意識した後

残業時間が月1時間以下

 

と残業時間を減らすことができました。もちろん、担当しているタスクにもよりますが、業務を効率的に行えるようになりました。

残業時間を減らしたい方、マルチタスクに悩んでいる方はぜひ実践してみてください。

 

 

マルチタスクの仕事を早く行う女性

マルチタスクの仕事を早く行う女性